12月21日 The Lake Beneath the Station

多読

The Lake Beneath the Station

Kindle UnlimitedからおなじみA Hippo Graded Readerシリーズのこちら。

ホラーラブストーリーとでも言いましょうか、猟奇愛情物語と言いましょうか。
Σ(@д@;ノ)ノ ヒィィィ~…

そんなお話が6編収録されています。

そんな中、新宿駅の地下に湖があるという「エキチカ湖」のお話は、登場人物も“Oni”(鬼か?)、“Ryuch”(リュウチ=リュウイチか?)、“Kaori”に“Hiro”に“Suwa City”と、舞台設定がなじみ深いものの、筋書きが難解で、イマイチ良く消化できませんでした。

とはいうものの、不気味な描写や、夜中にひとりでは読めない世界観はさすがとしか言いようがありません。

YL3点台半ばくらいかしら。総文字数16,560
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
以下はネタバレの恐れがありますので、読まないで下さい。【DANGER】

もしわたしの言うことを聞かずに読んでしまうと・・・。

ギャァ━━il|liノ)゚Д゚(ヽil|li━━ァァッッ!!!!

備忘録的に六作の要約を一言だけ記してあります。

戦傷兵(じいさん)と幽霊ナースの伝承
新宿駅チカ湖
死線をさまよい生還した少女と、そこで会った死んだ少年
彫像化液であらゆるものを「精密」に作品化するエセ彫師
生身の人間よりもポルターガイスト
面識のない幽霊同士

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。