The Spymaster and Other Stories
スポンサーリンク

多読

The Spymaster and Other Stories

おなじみAmazon Kindle Unlimitedから

クーパー・バルティスさんの作品を選びました。

一言で言えば、超オススメです。

わたしが多読史上もっとも感銘を受けた本の一つ、

ハッサンとルルシリーズの作者でもあります。

6本のショートストーリー

  1. カトリックから破門されたエリザベス一世に対する暗殺と国の乗っ取り計画の情報を入手する、フランシス・ウォルシンガムのお話。1583年。
  2.  

  3. アメリカ独立戦争でのボストンを舞台とした諜報戦に関するお話。1776年。
  4.  

  5. 第一次世界大戦で二重スパイのかどで処刑されたダンサー、マタ・ハリの諜報活動に関するお話。1917年。
  6.  

  7. 第二次世界大戦中、金銭を得るために駐トルコのイギリス大使の召使いになって、ドイツに情報を流していたエリエサ・バズナの諜報活動のお話。1942年。
  8.  

  9. 戦後、ソ連に亡命したイギリス外務省の幹部二人の逃亡を手助けした容疑で取り調べを受けたイギリス秘密情報部員、キム・フィルビーに関するお話。1951年。
  10.  

  11. 渡航先の香港で、アメリカやイギリスの諜報活動を暴露したエドワード・スノーデンのお話。2013年。

ハッサンとルルシリーズ同様、どれもこれも先が気になる展開で、一気に読めてしまいました。

Unlimitedシリーズには、

 

クーパー・バルティスさんの作品がまだまだラインナップされています。

 

年末年始の読書ライフは退屈せずに済みそうです。
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

 

YL3点台後半でしょうか? 総文字数19,800

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーリンク
おすすめの記事