2月26日 スッキリわかる宅建士

記憶のための物語作りと想起練習

スッキリわかる宅建士

みなさまこんにちは。

昨日からいよいよ記憶法の実践を始めました。

記憶した項目は以下の五項目です。

「無効」

「登記がなくても第三者に対抗できる物権変動」

「時効の中断」

「制限行為能力者の相手方の保護」

「登記がなければ対抗できない第三者」

時効の中断以外は全て物語法に基づいて話を創作し、想起練習を規定通り初日の昨日三回、今日一回しました。

時効の中断は「音楽活用法」を使いました。

音楽活用法というのは、早い話が替え歌です。

以下は日本香堂「青雲」のコマーシャルソングの替え歌です。

♪ 請求、和解及び調停、催告、承認、督促

差し押さえ、仮処分、仮執行宣言、時効の中断・・・。

いやぁ、実にお恥ずかしい。
(●´艸`)ヾ

一日経ってみての感想

試しに民法に関する過去問題にあたってみましたが、早速記憶した項目が役立つ場面があり、とても満足しております。

物語を創作するのには、一定程度の時間がかかりますが、覚えるまでの時間を考えると十分元が取れます。

なお、昨日作った物語法の四つの「物語」は、あまりに荒唐無稽すぎてここでご紹介できません。

あしからずご了承ください(*^-^*)

荒唐無稽なほど印象に残り、記憶がしやすい気がしますよ(^o^)

2月25日 2時間。
2月26日 3.5時間。

累計59時間。目標学習時間350時間。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。