曲の頭出しが面倒

こんにちは。

皆さんは音読するときに、ただやみくもに読むことはせずに、付属のCDなどの音源をお手本として聞いて、できるだけお手本をまねして音読していると思います。

その音読を発展、進化させたトレーニングとして、以下の三つがあげられます。

  • オーバーラッピング・・・英文を見ながら、音声に合わせて発話する訓練法。
  • シャドーイング・・・英文を見ずに、音声に少し遅れて発話する訓練法。
  • リピーティング・・・聴いて理解した英語を、そのまま繰り返し発話する訓練法。

今日は、これらのお稽古を効率的にする、音声CDの加工についてのお話です。

付属のCDは不親切な作りになっているものが多い?

音声教材にさんざんお世話になっている分際で、ちと生意気なことを言わせていただきます。

DUO3.0は560の見出し文を45のセクションに分けて収録されています。

DUOselectは377の見出し文を33のセクションに分けて収録されています。

どちらも、1セクション当たりの収録文数はバラバラで、DUO3.0の場合は、最大17もの文が一つのセクションとして収められています。

そうすると、特定の一文だけを聞きたいというときに、その文を読み上げている部分の頭出しがとても面倒で、時間もかかります。

鉄を熱いうちに打てるようにするための仕掛け

実は大人の勉強も子供の勉強と一緒で、面倒くささが先走ってしまうと、後回しするようになって、結局何もしない。

日々生きていくために、やるべきことがたくさんある中での英語学習なので、

「忙しかったから」

「忙しいから」

で、済ますことができてしまうのです。

皆さんも心当たりありませんか?

わたしがまさにそういうタイプ。

家族の生活がかかっている、という大人としての責任を「振りかざす」ことで、実は怠惰な自分をごまかす^^(子供よりタチが悪い)

なので、鉄を熱いうちに打てる環境作りが急務でした。

iPadで「自炊」した複数の英語教材を持ち歩き、どこでもすぐにテキストや参考書を見ることができるようにしたのと同じように、聞きたい部分にすぐにアクセスできるようにするのは、とても重要なことだったのです。

一文一曲化が面倒くささを全て解決

これを一文を一つのトラックに、わかりやすく言うと、一つの文章を一曲としてWALKMANやスマホに入れておけば、とても便利。

わたしはこれを「一文一曲化」と名付けました。

例えば、DUOselectの文章番号185

He was arrested on the spot for being naked in public.

を聞きたいとき。

この文はSECTION17の6番目に入っている文なのですが、これをCDに収録されたままの「生音源」ですと、該当する文章が読み上げられるまで早送りするか、またはずっと聞き飛ばさないと聞きたい文章にたどり着けません。

たどり着いたところで、「A-Bリピート再生(区間リピート)」機能を使って繰り返し再生すれば、上にあげた勉強法でのお稽古はできます。

ただ、それよりは、一発頭出しができて、「一曲リピート」機能で気が済むまで繰り返し再生できた方が、100倍楽です。

そう思いませんか?

「一文一曲化」すれば、一発頭出しできますから、音声を聞きながら区間リピート機能のセットをする手間が省け、先送りボタンひとつで次の文に進むこともできますし、シャッフル再生機能を使えば、DUO3.0の560文が法則性がない、バラバラな順番で再生されます。

シャッフル再生で、英語音声を聞いて瞬時にその意味を想起することができれば、それだけでかなりの実力アップになると思いますが、いかがでしょうか?

この加工した音源をスマホやWALKMANで持ち歩けば、、お掃除、洗車、お買い物、犬のお散歩、などなど、日常生活上で「ながら勉強」が、手軽にできます。

Wave Padなら、簡単に編集ができます

Wave Pad というソフトを使えば、簡単に教材CDを編集、加工できます。
今後数回にわたって、このソフトを使った編集方法を、詳細にご紹介していきますのでどうぞご期待ください。

Wave Pad をダウンロード

2016.05.22

WavePad

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。