あの記憶は遥か忘却の彼方へ

宅建登録実務講習

皆さんこんにちは。

今日は久しぶりに宅建士ネタを。

昨年10月15日に受検し、合格した宅地建物取引士資格。

わたしみたいに実務経験のない合格者は、

宅建登録実務講習を受けることで、

2年間の実務経験を持っているものとみなされ、

晴れて宅地建物取引士になれます。

その講習を8月7日、8日に控え、

自宅に送付されてきたDVD教材とテキストを使ってお勉強をしました。

そして講習最終日に受ける修了試験の模擬問題を解いてみました。

宅建士試験のように4択ではなく、運転免許試験のようにマルかバツの2択。

一般常識で解ける問題も多く、簡単だと甘く見ていたら・・・。

例えば日影規制(にちえいきせい)が適用されない用途地域。

受験勉強をしていたころはバッチリ覚えていたのに、その答えが出て来ない
(^_^;)
テキストを読んでみると、

ああ、そんなルールあったっけ

そんなことばかり。

まるでそれは見たことある単語だけど、

覚えたはずの単語だけど、

意味は何だっけ?

っていうのと同じ感覚。

もっとも、登録実務講習の修了試験はテキスト持ち込み可能なので、

合格率95パーセントとも99パーセントとも言われています。

宅建士試験の合格率15%とは大違い!

それなりの「狭き門」を突破したご褒美なのかもしれませんね。
(*´艸`)

やっぱり語学は何十倍も難しい!

宅建士試験合格のための学習時間は300時間程度と言われています。

正確な時間は途中で計測をやめてしまったのでわかりませんが、

わたしの場合はもう少しかかったはずです。

一方の英語学習。

わたしの当面の目標は5000時間。

比べものになりません。
(^_^;)

しかも、TOEICや英検、CASEC(キャセック)などの試験では辞書や参考書を持ち込めませんし、

実際の会話の場面では3秒以上の沈黙が続いてしまったら、

円滑なコミュニケーションは絶望的と言ってもいいらしいですからね。

いかに英語が難しいか、改めてわかりました。

英語学習を再開して、すでに1000時間をこえていますが、

少し勉強から遠ざかったら、今回の宅建士試験のために覚えたことのように

忘れてしまうんだろうと思うと、

走り続けるしか、今まで費やした時間が報われることがないのでしょうね。

泳ぎ続けていないと死んでしまう、葛西臨海公園のマグロのごとく。

英語を勉強するって決めてしまったので、仕方ありません。

泳ぐのは苦手なので、走り続けます。
(9`・ω・)9頑張リマス.+゚*。:゚+

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。