一年の計は元旦にあり

画像は初日を浴びる富士山です。

今年は宅地建物取引士資格にチャレンジします

皆様、あけましておめでとうございます。

元旦の朝、いかがお過ごしですか?

わたしは早起きして、マンガを一時間読みました。

今年の目標は宅建合格です(^_^)v

突然の表明ではございますが、将来に向けた準備のために「イッチョ頑張ってみるか」の心境です。
ダイジョブカ!?

ところでこの国家資格。

あるウェブサイトによると、難易度は測量士や通関士同様「普通」なんだそうです。

ちなみに司法試験や公認会計士が「超難関」、普通自動車免許や栄養士が「易しい」とのこと。

更にいろいろ調べてみますと、資格取得までの標準的な学習時間は200~300時間とのこと。

中には短期集中で100時間で合格したなんていう強者もいらっしゃるようです。
ギョッ!Σ(・oノ)ノ

わたしの場合は年齢や脳みそのスペックなどを総合的に勘案して、350時間に設定しました。

試験日は毎年10月の年一回。

今日からざっくり300日あります。

三ヶ月くらい前からじっくり取り組むべし、と記されたサイトやブログも結構多かったのですが、わたしの場合仕事量の変動が多いので、安定的な学習時間の確保が難しいのです。

というわけで今日から。

昨夜は「紅白歌合戦」の結果や、ガキ使「笑ってはいけない」のオチを見届けることなく、さっさと就寝して朝からマンガです。

これは妻が以前不動産屋さんでパート勤務をしていたときに購入し「積ん読」状態になっていた本です。

ちょっと古いのですが、大まかな学習範囲を把握するのにはうってつけだと思い、これをまず二周読んでみることにしました。

マンガなのに、結構歯ごたえのある内容でして、一時間で民法のごく一部までにしか到達していません。

通読するのに10時間くらいかかりそうです。

本当に350時間でたりるのかしら(^_^;)

今年一年よい年でありますように。

皆様のご健康とご多幸をお祈りしています。
ヽ(・Θ・)ノ☆パン☆(・pq・)☆パン・・・(。-人-)ネガイゴト・・
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。