英語で泣ける ちょっといい話 2
スポンサーリンク

多読

勉強になったのは、「ツイッター」というお話です。

東日本大震災発生時にアメリカにいたツイッター社の日本人技術者、

 

丹羽善将さんは、緊急避難的な独断でサーバーを二台増設しました。

 

その甲斐あって、

 

爆発的に増えたアクセスにもパンクせずに、

 

日本からの全てのユーザーの書き込みに対応したということです。

 

ツイッター社のおかげで、

 

どれだけ多くの被災者、帰宅困難者が救われたことでしょう。

 

日本人の一人として、お礼を言いたいですね。

感動したのは「正真正銘のお兄ちゃん」という話です。

ケンカばかりしている兄と妹。

 

お兄ちゃんと一緒にいたい妹を邪険に扱ったり、

 

テレビのチャンネル争いをしたり。

 

この二人が、同時に珍しい病気にかかり、入院します。

 

兄は回復するものの、妹は徐々に衰弱していくばかり。

 

最悪の事態を回避するための唯一の方法、

 

それは兄の血を妹に輸血することでした。

 

そうすることで、兄の抗体の出来た血液が妹を救えるからです。

 

担当医の打診に、兄は涙をこらえながら同意しました。

 

一刻も早く妹を救うため、

 

医療スタッフの手によって速やかに兄の血は抜かれます。

 

そこでぽつり。

 

「ちょっと気になっていたんだ。血がなくなったら、

 

僕は死ぬまでにどれくらいかかるの?それと、痛いのかな?」

 

そうです。

 

兄は、血をあげることは妹の命のために、

 

自分の命を差し出すことだと思い、それでも構わないと思ったのです。

 

母は血を抜かれている彼の枕元に思わず身を乗り出します。

 

「あなたは死んだりしないのよ❗やさしい子。本当に妹のことが好きなのね」

 

その後、妹は回復し、すっかり元気になりました。

 

もちろん、前のようにケンカをすることもなく、

 

むしろ、一緒に遊びたいかどうか聞いてあげるようになっていました。

 

めでたしめでたし。(^o^)

 

総文字数6,007

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーリンク
おすすめの記事