gleeというテレビドラマについて思うこと
スポンサーリンク

【中間報告】日本には無いタイプのドラマです

皆さんこんにちは。

 

100点と言われたいおとよんです。

 

さて、英語リスニング力を付けるために、

 

無謀にも⁉始めた、英語字幕によるgleeの視聴。

 

今日で第1シーズン第10話まで終わりました。

 

 

例えば第1話。

 

ウィル先生のフィンくんのgleeクラブへの勧誘の仕方など、

 

❓❓❓なシーンも多いのですが、

 

回を追うごとに複雑に織りなした人間関係が、

 

まるで上質のペルシャ絨毯のごとく、味わい深くなってきております。

 

わたしにとっては、連続テレビ小説『あまちゃん』に次ぐくらい、

 

次回が気になるドラマです。

 

おかげで、英語学習が捗(はかど)る捗る😁

実は評価に戸惑う部分もありまして

この作品はコメディであると共に、ヒューマンドラマにも分類されています。

 

たしかに劇中の曲の効果も相まって、感動的なシーンもたくさんあります。

 

ただ、コメディーの温度感が判然としないのも事実です。

 

何が言いたいのかというと・・・。

 

 

たとえばgleeの世界ではおなじみの、

 

スラッシーという飲み物を顔面に浴びせるいじめ。(むしろ暴行に近い👊)

 

アメリカではよくあることなのか、

 

それとも無邪気にウケていいくらい、あり得ないいじめ方法なのか。

 

 

これが『奥さまは魔女』のように、

 

笑い声をかぶせてあれば、

 

ある程度安心して見ていられるんですけどね。
(飲み物がモッタイナイという思いは残りますが)

 

そもそも『欽ちゃんの仮装大賞』に見られるように、

 

日本人と外国人のウケ狙いのポイントは異なりますからね。

おとよん
日本のテレビドラマに、この手の笑い声をかぶせる手法をとっているものってありますかね❓

くまさん
さあ・・・。『ドリフの大爆笑』などのコントでは普通にありますけどね。

もう一つ気になる点がありまして

それに、スクリプトを読み込んでいると、

 

結構差別的なセリフがあります。

 

 当然?日本語字幕や吹き替え版では、

無難な言い回しに改変していたり、

すっぽりとセリフがなかったことになっています。

 

日本のテレビドラマの過剰とも言える

 

配慮、忖度

 

にすっかり「毒されて」しまっているからかどうなのか、

 

結構ハラハラしてしまうのですが・・・😅

 

 

でも、本当のgleeの世界=大げさに言えば、アメリカの文化や習俗を知るには、

 

これらの行動やセリフも含めて鑑賞する必要がありそうです。

 

なにしろ、アメリカでは多くの人が

 

『今世紀最大傑作のテレビドラマ✨』

 

と評価していますからね。

 

 

飲み物がモッタイナイとか、

 

差別的な表現があると言って

 

いちいち心の中のフィルターの目詰まりを起こすほうが、

 

無粋で野暮なのかもしれません😅

 

 

さて、ここまでゴチャゴチャと書き散らしましたが、

 

第10話まで視聴を続けていくうちに、

 

そういったことも含めて、

 

多様な価値観に対する知識や耐性を身に付けることも、gleeを楽しむための心得

 

だと思うようになりました。

 

もちろん、これからも視聴を続けますよ😊

 

だって話の続きがとても気になりますから❗

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
人気ブログランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事