The Girl Next Door

久々の洋画鑑賞

皆さんこんにちは。

きょうはブロ友のICHIHAKUさんが勧めてくださった映画を見ました。

 

「高校生の男の子とアダルト女優のラブコメディー」

という、ICHIHAKUさんによる紹介文を読んでいたので、

一体どんな話かと好奇心を持って見始めました。

当初は、お昼ご飯のカレーライスを食べる間だけ見ようと思っていたのですが、

見始めたら面白くて、一気に最後まで観てしまいました(^o^)

荒唐無稽な話と思いつつも、こんな恋愛もアリかな?と思わせる巧みな脚本。

そのくせ、二人の関係は、

ベタな青春映画にありがちな、予定調和の波乱の恋なんて甘っちょろいものではなく、

視聴者の裏をかく展開が続き、最後まで飽きさせません。

18禁ぎりぎりのお色気シーンだけでなく、

スケベな妄想をかき立てる描写が所々にあります。

それが高校生の男の子の視点で描かれています。

わたしも若かりし頃はそんなだったなぁ、なんて思いながら、

ニヤニヤと観ていました。

決して家族で観るような映画ではありませんが、

若さっていいなぁって思える良質な映画でしたよ(^o^)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
人気ブログランキング

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • おとよんさん、こんにちは!

    久しぶりの訪問になってしまいすみません。
    おすすめの映画を早速観て下さりありがとうございます(^-^)
    しかも的確な評論さすがです!男子なら若い時に一度や二度抱いたであろう感情が描かれていて思わず笑ってしまいますよね。
    共有できて嬉しく思います。ありがとうございました。

    また次回のブログの更新を楽しみにしております!

    • Ichihakuさん、ようこそのお越しです。
      オススメいただいた映画で、有意義な午後を過ごすことができました(^o^)
      「草食系」なんてコトバが出てきてから久しいですが、わたしたちの世代では、誰もが抱いたであろう、あの「暴発寸前」のエネルギー。
      最近の男子諸君はこの手の「健全な」感情を持っているのでしょうか?
      うちには娘しかいないので、なんとも言えませんが、少し心配でもあります。
      なーんて、すっかり「沈静化」した自分を差し置いて、「最近の若者ガー」とか「性欲ガー」などと宣う(のたまう)わたし。
      白髪が増えた頭を見るにつけ、このまま老いぼれていくのか・・・なんて気がして、慄然とすることしばしばですが、『ガール・ネクスト・ドア』で若さが取り戻せたような気がします!(錯覚錯覚!^^)
      また、耳寄りなお話をお聞かせいただけたらと思います。
      ではまた!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。