シダキュアのおかげでほぼ無症状です
スポンサーリンク

投薬開始から1年5ヶ月目です

皆さんこんにちは。

 

新型コロナウィルスのせいで、

 

自重・辛抱の日々が続いていることをお見舞い申し上げます。

 

そんな中、幸いにも関東地方の今年のスギ花粉飛散量は

 

予想通りの少なさで推移しています。

出典:環境省花粉観測システム(はなこさん)

 

免疫療法の成果は?

一瞬「おやっ?」と思われる瞼のかゆみやくしゃみがあったものの、

 

今となっては気のせいと言ってもいいレベルです。

 

シダキュアのおかげで鼻や目の症状だけでなく、

 

頭痛(前頭葉が重たい感じ)からも解放されています。

 

一言で言えば「著効」です。

 

全体の2割の患者には効果が見られないとの臨床結果があるようですが、

 

それでもチャレンジしてみる価値はあります。

舌下減感作療法のデメリット

効果が直ぐに現れません

わたしは最初のシーズンは投薬4ヶ月目に迎えましたが、

 

それなりに効果がありました。
※もちろん効果に個人差はあります。

 

最低3年間毎日投薬が必要ですので、

 

せっかちな人には向いていないと思います。

 

薬を毎日飲むのは習慣化してしまえば全く苦にならないでしょう。

薬の副作用があるかも

この両方を始めたばかりの頃に、瞼がヒクつくことがありました。

 

これは毎年花粉症シーズンが始まるときに起こっていたので、

 

予想される正常な作用と言えます。

 

言うまでもありませんが、

 

これは個人差がありますから、

 

異変があったら直ぐに医師・薬剤師に相談して下さい。

 最初の数回の診察では、アレルギー反応を見るために、
投薬後30分ほど病院に留め置かれます。

一定のコストがかかること

費用については以下の記事を参照して下さい。

コロナと花粉大量飛散が重複しなかったのはせめてもの救いか?

もし今年が2018年(緑色のグラフ)並みの飛散量だったら、

 

果たしてどうだったのでしょうか。

 

マスクをしていない(手に入らない)花粉症患者が発するくしゃみが、

 

新型コロナウィルスの蔓延を加速させていたかもしれません。

 

ことと場合によっては「花粉症患者ヘイト」さえ起こったかも知れず、

 

そう考えると多少救われます。

 

この暗い世相を乗り切るために、なんとかプラス思考でいたいものです。

 

どうぞ皆さまもお気を強く持って生きていって下さい。

にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事