シダトレンからシダキュアに

セーラームーンからプリキュアに変ったくらいの大変化

皆さんこんにちは。

スギ花粉減感作療法で普段服用しているシダトレン

 

実はシダトレンが来年には生産中止になって、

シダキュアという薬に切り替わることになったそうです。

 

それに伴い、シダキュアに対する副作用が起こらないか、

お医者さんの元でテストをしてきました。

 

テストに要する時間は30分。

これは、シダトレンを開始するときに行ったテストと同じ所要時間です。

 

テストの結果、副作用は見られませんでしたので、

今残っているシダトレンを全て服用したら、

シダキュアに切り替えることになります。

 

副作用チェックを改めて実施するということは、

同じスギ花粉エキスでも成分が違うのかしら?

シダトレンとシダキュアの違い

シダトレンはパック詰めされた1㎖の液体で、▼と▲の間で開封して舌下に注入、そのまま2分間保持し、嚥下します。

一方のシダキュアは唾液に溶けやすい直径1㎝ほどの錠剤で、こちらは1分間舌下で保持し、嚥下します。

クラリチン(アレルギー性鼻炎の治療薬)と同じタイプの錠剤といえば、分かって頂けるでしょうか。

シダトレンは冷蔵庫での保管が求められますが、

シダキュアは常温で保管できます。

 

うっかり家で飲み忘れることがあっても、

予備を常温で持ち歩くことが出来るので、安心です。

なぜこの時期に薬の切り替えを行ったのか?

以下の記述は、製造元の鳥居薬品に関する考察ではなく、

わたし自身に処方されていた薬についての考察です。

 

そもそも、シダキュアという新薬は平成30年6月末には発売されていました。

 

ということは、平成30年の秋から舌下減感作療法を始めたわたしにとって、

最初からシダキュアを服用するという選択肢はあったはずです。

 

ところが、新薬には14日間の処方制限があるらしく、

シダキュアがそれに該当していました。

 

つまり、わたしのようにしょっちゅう通院できない人にとっては、

シダキュアを選択すると、継続不能になりかねませんでした。

何しろ、毎日服薬が鉄則ですから。

 

実際、シダトレンは60日分の処方をしてもらっていましたからね。

 

その処方制限が、今年の4月末で解除になりました。

 

そこで満を持してシダキュアへの変更と、相成ったわけであります。

 

シダトレンは令和2年度までは生産されるようですが、

それ以降は廃盤となるとのことです。

 

ということは、それなりに時間を掛けて作った弊ブログの

シダトレンに関する記事は、

はやくも時代遅れの情報ということになります😱

 

早めに改訂作業をしませんとね。
にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。