舌下減感作療法のデビュー戦

一滴垂らしたあと、30分経過観察

皆さんこんにちは。

検査によってスギ花粉症であると診断されたので、いよいよ投薬開始です。

初回の今日は、ナースの方に舌の下にスプレーで一押ししてもらいました。

それを2分間舌下に留めておき、その後飲み下します。

味はなんとなく甘く感じるのは気のせいでしようか?

少なくとも苦くはありませんのでご安心を。^^

今日から1週間、この舌下液を少しずつ増やしていきます。

これは副作用か?

30分の経過観察では何の異常も見られず、次回診察の予約を1週間後に入れて帰宅しました。

明日からはいよいよ自分で舌下に液を垂らします。

投薬から2時間経った頃、左目の瞼(まぶた)がヒクヒクしてきました。

これはまさに花粉症シーズンに起こる現象。

そしてその瞼(まぶた)がかゆくなってきました。

目玉ではなく瞼です。

右目は全く何も起こらず、左目だけ。

副作用って言うよりも、わたしにとっては「正常」なアレルギー反応ですね。

舌下液がまさにスギ花粉抽出エキスであることの証。

他には全く異常は見られませんでした。

鼻水が出たり、くしゃみが出たりということはありません。

今日の報告は以上です。

次回をお楽しみに。

スギ花粉舌下減感作療法を始めました

2018.10.23

舌下減感作療法の初回診察

2018.10.24
にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 おとよんです。 趣味で英語の勉強をしているおじさんです。 日々の学習記録を中心に、そのほか何でも思いついたことを書き続けます。 皆様のコメントには誠心誠意お応え申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。